FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク






古いSoftbank iPhone4SをMVNOで復活

昨年秋にiPhone5Sに機種変更して、使わなくなったiPhone4S。
今春から高校生になる長男に携帯電話を持たせようかと思い、ソフトバンクの学割などで4Sをうまく使えないか調べてみたのですが、そういう都合の良いプランは見当たらず。

仕方がないので色々考えていたところ、MVNO+IP電話で月々1200円程度という、かなり安い運用ができるという結論に達しました。

MVNOとは、日本語で仮想移動体通信事業者といい、自社で通信事業のインフラを持たず、他の通信事業者(例えばNTTドコモ)のインフラを借りて利用者にサービスを提供するという事業者のことを指します。

色々サービスに制限がつくものの、使い方と工夫によっては非常に安く運用できます。
検討した結果、NTTコミュニケーションのOCNモバイルONEというサービスを利用することにしました。

まずは、OCNモバイルONEのSIMカードを入手します。
2014年6月までAmazonでバッテリーパックとセットになったキャンペーンをやっているので、そちらで購入するとモバイルバッテリー付きにもかかわらずSIM単体より1000円以上安く手に入ります。どういう理屈なんでしょうか。

1-IMG_1544.jpg

OCNモバイルONEのSIMはドコモのSIMです。そこで注意点です。最近のドコモのSIMにはNFC対応のピンクのSIMと、写真のような赤のSIMがあります。ピンクのSIMは下駄(後述)がうまく動作しない可能性があるため、赤のSIMを手に入れる必要があります。ところが、SIMの色は普通指定できません。
そこで、あえてnanoSIMを注文します。(iPhone4SはmicroSIMなのでnano→microのアダプタを使用します。)
理由は、nanoSIMを指定すると必ず赤になるからです。

1-IMG_1545.jpg

SoftbankやauのiPhoneにはSIMロックがかかっているため、そのままドコモのSIMを挿しても使えません。
そこでSIMロック解除アダプタ(通称:下駄)を使用します。
下駄にも数種類ありますが、KingMobileのSmartKingを使用します。

1-IMG_1547.jpg

OCNモバイルONEのSIMにmicro化アダプタをつけ、下駄と重ねてトレイにセット、iPhoneに挿入します。

1-IMG_1548.jpg

電源を入れてしばらく待つと、キャリア表示がNTT DOCOMOに!
1-IMG_1549.jpg

SIMは120円程度若干高くなりますが、SMS対応のものをお勧めします。

あとは050plusを入れて、電話対応すれば完成です。






スポンサーリンク






テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセスの多い記事
最新記事
カテゴリ
おすすめiPhoneグッズ
等身大のキリンフィギュア(笑)
最新コメント
プロフィール

iPhoneNewbie

Author:iPhoneNewbie
スマートフォンをメインケータイにしている40歳のパパ。
Geek過ぎず、適度な情報ライフを意識しています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。